投稿一覧

  • 一期一会過ぎる書店、それが古本屋。

    こんにちは、にこたです🧸

    あれ?ブログ更新今年初?どうだっけな、とりあえず今年もよろしくお願いします!!!!!!!!

    本日は古本をお探しにいらっしゃる方のモヤモヤについて少々お話ししようかと思います。新年一発目から暗いですね~~~。いや、しくみがわかれば皆様にも有用なことなので是非ご覧くださいね。

    たびたび本をお探しのお客様から「取り寄せできないの?」「入荷したら連絡して」とのご要望を頂くのですが現状すべてお断りしております。

    まず「取り寄せはなぜできないか」というと、当店はチェーン店ではないので他の店から商品を回してもらうということが出来ないんですよね…この辺は大手チェーン店様には勝てない。悲しいことに。

    取り寄せできる店舗の下位互換じゃんと思われるかもしれませんが、チェーン店ではなかなか土地のニーズにマッチした痒いところに手が届くような本がなかったりもします。なるべくそういう本を置きたいと思っておりますし、買取に持っていらっしゃた方で「あれ?これ値段ついたんだ」というものがあればそれはそういう本です。

    具体例がなかなか難しいんですが「レポートの書き方」だったり「最新版じゃないマセマ」だったり「外観に使用感があるけど良書!」という本だったり。そういうものはパッと見て「あ、面白そう」と思ったら買い取るようにしています。

    次に「入荷したらなぜ教えてくれないのか」ですが、これがね…何年越しになるかわからないんです。いや、年単位ならいいんですがもはや一生当店に入ってこない可能性すらあります。

    これはいい例があるな、わたしの家から喜多川歌麿の「画本虫撰」という和綴じの本を当店に売りに出したことがあるんです。たしか今はなき札幌駅西口の本屋さんで買った本でして、ポケットサイズで和綴じになっていてかわいらしいんですよ。たしかその時にそこの店頭には複数種類ありましてその中から吟味してそれを買ったものの草書が読めなくてもういっか~と思って手放したんです。

    それがねえ、その本はおろかそれの他の種類の和綴じ本すら入荷しなくてねえ、一生多分入荷しないと思います。

    例えばそれが入荷したら教えてほしいと仰ったお客様がいるとして10年とか経ったらもう札幌にいらっしゃらないとか電話番号変わってるとか普通にあると思うんですよ。あと個人情報の管理も今難しい世の中ですからね、やはりご要望にはお答えできないのです。

    一方でわたしはこの書店に入ってからずっと目当てにしていた本がありまして、絶版の本なので市場価値がずっと3万円くらいの値段なんですよ。で、コレクターしか持ってないからなかなか手放さないという本なんです。

    当店で働くにつれて上記のような「入ってくる可能性の薄さ」が見に沁みてわかったので全然諦めていたんですが、勤務2年目でその本の買取にぶち当たりまして!!!!誠に光栄なことです、そして絶対に買い取りたいけど手放していいのか…と思ってお客様に「これは手放したら一生手に入らない可能性もある本ですがよろしいですか」と尋ねた上で買い取らせていただきました。今は我が家の守護神になっております。その節はどうもありがとうございました!!!!

    そんな風に根強く探していれば見つかることもあるのでぜひとも探している本をお知らせください。文庫とかであればまだ数年あれば入荷するチャンスもありますので。もしその時に覚えていたらtwitterでお知らせいたしますので印象に残してやるぞという気概を持ってアピールして頂けると助かります!!

    あと「こういうジャンル欲しい~ン」というようなふわっとしたくくりのご要望も今後の買取に反映致しますので入荷がじわっと増えるはずです。そういうのもどしどしお願いいたします。

    そんなこんなで最初暗い始まりだったのに後半なんでこんな熱量になったんだか不明ですが、面白いので良しとしてください。笑

    PS:ベイクドモチョチョの呼び方について様々なご意見ありがとうございました。すっかり「おやき」を失念しておりました!!!!!!!おやき派だったかもしれない!!!!!!

  • スタッフ募集中でござんす

    こんにちは、にこたです🧸

    当店スタッフにちょいちょい帰省する人が出てきて急に年の瀬を感じる今日この頃です

    札幌に帰省してくる人もいるんだろうかね

    当店は学生が主のメンツなので3年もあればほとんどの顔ぶれが変わってしまうから「帰省がてら顔出してみたよ~ん」みたいなアレはなくちょいと寂しいです

    顔ぶれが変わるといえば店頭にて求人を出しております

    3年とか4年とか働けるで!!!という方は是非問い合わせがてら応募してみてね

    ・朝~夕まで自由になる時間があるor17時以降毎日ヒマ

    ・動物飼育歴(特に猫!とはいえわたしは犬しか飼ったことがないのだが…)

    ・本の虫

    ・こういっちゃなんだが愛嬌があるような気がする

    全部クリアする必要はなくて、概ねそんなかんじ~みたいなのでOKどす

    詳しい条件は店頭に沢山貼ってあるポスターかレジ横に持ち帰れるミニポスターもあるのでどうぞよろしくお願い致します!!!!!!!!!!!!!!!

    あれだ、私がぬるっと当店に入店した時とか入ったばっかりの頃どんな感じだったかお話してみるか…当店での労働の解像度を高めるためにな。


    2020年まではふつうに札幌中心部で販売の社員をやっていて14連勤が続き過労で退職(コロナ期で人が要らなくなってやっと辞められたかんじ。クソである。)してしばらく一人暮らしでニートという死の淵を彷徨う

    友人が北十二条書店で労働していたのでたま~に店に来ては一冊二冊小説を買っては喋り、みたいなのをやっていたある日レジに「求人」の文字があり、「オ、オ、、求人じゃん…!てかそろそろ労働しないとと思って履歴書とかちょうど買ったとこなのよね」と友人に言うと「面接受けてみる?今担当者いるし」とフランクなかんじで面接をされた

    個人的な所感だが、こういうフランクな面接で無事通過した覚えがないので負け戦~とおもいつつ面接してもらう

    「毎日やることがないのでいつでも入れますよ」というのと、「文学部卒でなんなら学生時代からこの店通ってました。ここで買った〇〇っていう作家が好きで集めてたんですがやっぱりこの店異様にこの作家の種類多くていいですよね」というのが主なアピールポイントでしたかね

    あと、「今までデカいチェーン店で労働していてこっそりPOP書きしては撤去されていたので古本という一点ものにそれをやってみたい」というちいちゃな野望を披露しました

    猫は飼ったことないというのがウィークポイントではあったんですがウサギと猫とヘビ以外の大抵の生き物は飼育したことがあるのでどうか…!どうか…!とアピったりしました

    面接の所感としては「まあ落ちたべな~。次買い物する時気まず~」と思ってたら採用の連絡が来て2021年の7月から労働を開始しました

    試用期間が一応1ヵ月あったのでヒィヒィ労働していたけど後から聞いたら滅多なことしなけりゃ大丈夫なアレだったらしい。気張って損した!!!!!!(気張って働けよ)

    主な業務は

    ・会計や品出しなどの一般的な販売業務

    ・買取りやネット出品などの古書店らしい業務

    ・お客様へのご案内(店内商品の取扱いについてとか漠然とおすすめして~とか、北大病院どっちですか!とか)

    ・猫をかまったりウンコやゲロ(猫が毛玉を吐くって意外とふつうにゲロなんだなと知りました)掃除、餌やり

    というかんじ

    一番苦労したのは「北大の教科書を覚えること」です。なんたってわたしは北大卒じゃないので…えへへ…

    買取を承るときにぱっと見で「これ全学のやつ」とか「複数問い合わせあるから買取額を相場より高めに設定しよう」とかね、そういうのを感覚で身につけなきゃというのがあります(頑張りました)

    その他「これは売れるだろうな」という肌感も買取に必要なんですが古本屋ヘビーユーザーだったのでそれは問題なかったです✌

    あと働いてて快適だったのは猫用に室温高めにしていて乾燥するので勤務中自由に飲み物を飲めるとか、アクセサリーや服装が自由だし髪色も真っ白や真っ赤やでもなんでも良いところが地味に嬉しかったです

    3か月で大体マスターできて半年もいれば大体のイレギュラーにも一人で不安なく対応できるかなというかんじでした(これは大体どこも同じくらいか)

    スタッフ間で気が合う人がいれば各自どっか遊びに行ったりとか飲み行ったりとか、そんなかんじで店全体の「キモいアットホームさ」はなくてそれも良かったですかね。だって強制飲み会とかそういうやつ辛いじゃん……

    そんなかんじかな。

    ほんのすこ~しの加点は「おばあちゃんおじいちゃんと仲が良いか(北大病院に通院している方や古本屋が好きな人はおじいちゃんおばあちゃんだったりします)」「最近読んだ本を自分なりに面白く語れる(具体的な接客を創造しやすくて良いなと思います)」「変な趣味・資格がある(単純に人として魅力的だなあと思います)」とかそんなかんじ

    これ以上は語ると蛇足になる気がするので具体的なよろずのことは面接のときに何個でも聞いてくださいな

    それではこの辺でお昼休憩なのでご飯食べてこようと思います

    にこたでした🧸

  • だんじゃりばんばん

    こんにちは、にこたです🧸

    最近大変ご無沙汰しておりました。

    当店ではここ一か月大掃除をしておりまして、ちょっと綺麗になったんじゃないのというかんじです。おかげさまで肩こりがエグいですがね…

    ところで掃除はただ汚れを落としていくだけなので無心で進められるんですが、大掃除のひとつとして「要らないものを捨てる」というのがあるじゃないですか。これがもう大層苦手で。

    「要らない」とは?とかね、考えちゃうんですよね。要らないものはそもそも買わないのだが???????

    まあしかし本屋なんで本の断捨離についてめっちゃ考えて以下のように処分するものとそうでないものを分けました。

    わたしの家は概ねこんな感じで厳選しておりますのでひとつの目安にどうぞ。

    ・勉強に使った本や自己啓発書

     必要な知識がまだあるか(今後再読する可能性があるか)。また、読むときに苦痛がないか。

    ・小説などの文芸書

     表紙かタイトルで内容や面白かった箇所を思い出せるものは続投。

     あらすじを見て内容を思い出せるものは試しに他人に貸してみる。寂しくなったら続投。

     積読はぱらぱらめくってまだ面白そうだと思えたら続投。なんで買ったんだこれと思ったら降板。

    ・漫画などの娯楽本

     これはもう読み返したいか否か一択。結構スペース食うのでこころもち厳しめに考えます。

    どうでしょう。なにがしか参考になりましたかね。

    あ、なお処分する前に買い直す事が可能であるかも一応見ておいた方がいいですよ。専門書だと軽率な判断で爆死することがあるので…

    で、処分したい本は買取に持っていく場合を考えて使っていないキャリーケースにどんどんぶち込んでいくといいですよ。雪道も濡らさずに持っていけますしキャリーケースいっぱいになったら一度持っていこうと決めると幾分かこころもちが楽でございますよ…

    買い取りの際はできれば当店によろしくお願いいたします!!!!!!!!!!!!!!!!

    理工学系の書はできるだけ高値にしますし、文庫はほぼほぼ買取可能ですし、事前の電話連絡も不要なのでどうかよろしくお願いいたします!!!

    全部捨ててくださ~いとかはゴミ捨て場ではないのでお断りしているんですが、買取でお値段つかなかった場合は一部処分も承っているので一回試しにお持ちくださいね。やっぱり買取やめますとかこれだけ買取で、とかもOKです。

    せっかく作ったので買取の流れも見てね。

    久しぶりにじっくり見たけど我ながらわかりやすいな~(自画自賛)

    ご不明点あればお電話かレジにいる人間(猫に聞いてもお答えできませんので)までお問い合わせくださいまし!

    それでは、わたしは自分の家を大掃除しに帰りますね。

    にこたでした🧸

  • 少し面白い本あります。

    こんにちは、にこたです🧸

    森博嗣の「少し変わった子あります」という本を読んでここ数日「な、な、なんだこれーーー!!!」と思ってその影響でそういうタイトルにしました。かなり面白い本もあるから安心してね。

    ところで最近「緻密な文章の本でおすすめありませんか」とお問い合わせがありまして数日猶予をいただきつつウンウン唸りながら選書しておりました。

    で、せっかくなのでここでもその選書を披露しようかと。

    デーーーン!!!

    こんな感じです。光って見づらいね。

    種類別で趣向を変えておりまして、まずは

    これらね、わたしの定番系ですな。小川洋子割と読まれるとの事だったのでベストオブ小川洋子をご用意しました。

    ぶっちゃけ「薬指の標本」も「余白の愛」もけっこうコンセプトは変わらなくて、これは日常なのか!?それとも白昼夢なのか!?どうなんだ!!!というかんじの完璧には幸せになれない純愛小説です。

    「薬指の標本」は完璧に終わり方まできれいすぎて人間と比較したときのマネキン、みたいな非日常感があります。完全に夢におぼれたい方はこれをどうぞ。

    「余白の愛」はもう少し長めに幻想的な世界観が続いているような印象で、しかし長いので日常パートもあり、余計に日常と非日常の境目が曖昧です。人間と比較したときのラブドーr…よくないたとえですね。まあしかしそのくらいの現実的なかほりがあります。

    「エンジェルエンジェルエンジェル」は文章の緻密さというか、古き良きお育ちの良い言葉遣いが美しい作品です。文章構成も変わっていて、認知症が進んでときどき意識があらぬ方向にいってしまうちょっと腫れもの扱いされた祖母と、そんな祖母を疎ましく思う思春期の女の子が章ごとに交互に語っていくというお話です。これ多分最初に知ってた方が読みやすいと思う。で、もちろんストーリーもいいんですが祖母が女学校時代の思い出を当時の口調で話すんです。これの書き方が何とも美しくて。もう祖母の分だけでも読んでほしい。

    「しあわせのねだん」は日常を切り取るのがうまいなあとひたすら関心するエッセイです。日常で「なんか特別なことをしたくなって普段買わないようなお花やめちゃ高い化粧品を買ったりする」みたいなのあるじゃないですか。あと「それはお得かも!」と思って軽率に買ってしまうことあるでしょ、そういうお買い物の末路というか「案外よかった~」とか「まあそんなかんじか、まあ…ね……」みたいな寄せ集め。一人暮らしをして自分の限られた財源で生きたことのある人全員におすすめできる。ちょっとさくらももこみがある。ほんのりとね。

    あとこの二冊は詩集ですね~。

    山田かまちはこの方の人となりは知らんのですが、学生時代(とはいっても彼は学生の頃にギターで感電死してしまったのですが)氷室京介とバンドを組んでいた人で美術館もあるそうですよ。

    なんでこの人有名なんだろうと思って読み始めたんですがよくわからん。よくわからんのに画才があったり、詩も大人顔負けというか大人では構築できないほどの瑞々しさがあって才能に嫉妬して狂いそうになります。この本はそんな彼の詩や文章や絵がまとめてある本で案外どこでも入手可能だったりします。文庫も複数の出版社から出ていたり、こんなハードカバーもあったり。

    文庫判はわたしが観測している限りで3冊に分かれているものと上下巻になっているものがあった気がします。なんでハードカバーを勧めているかというと単純に分冊になっていないので読みやすいのと、最近思ったんですが詩集は大きく余白を取って横長なものの方が読みやすいです。ガバッと開けて世界観に浸りやすいような気がします。

    倒立する古い長靴のための緻密な系統図」は嵩文彦という札幌の詩人です。緻密というとこの人だなあと思って安くないんですがこれも選書しました。タイトルからもうワアアアア!!!ってなるでしょう!!!!!

    買取で3冊この方の本が入ってきたときわたしはワアアアア!!!ってなってすべて買取り、1冊は手に入れてしまいました。これの他のもう1冊はもう売れてしまった。ラス1です。

    これは文庫版が新潮で出てましたね。「新潮夏の100冊」に出てたと思います。

    で、それのソフトカバー版。まだ文庫の入荷がないというのもありますが、単純に小難しい本はこのくらいの大きさのが読みやすいのです(わたし調べ)。

    まあ、それなりに小難しくて実はわたしも序盤でウ~~~ンとなっているのですが「暇っていう概念っていつ生まれたの?狩猟時代にはそんな余裕なかったよね?」とか「暇つぶしとしてハンティングをしようとする人にウサギを渡しても嬉しくないと思う。ってことは釣果を得ることが暇つぶしの本質ではないのでは?」みたいなところがハェ~~~~確かにね、と思っていつか読破したい本です。言いたいことが難しいものの、例がわかりやすいので面白くはある。読書の秋にうってつけの小難し本です。

    そんなもんでしょうか。

    この選書からどれを購入されてどんな感想を持つか、

    どれが最後まで読み切れたか、

    などでまた次に選書する方向性を吟味したく思います。

    とりあえずはご来店を楽しみにしつつ今回の選書を終えたいと思います。

    それでは~みんな読書の秋エンジョイしろよなッ!!!!!!

  • いくらなんでも夏過ぎるんだよなぁ…

    こんにちは、にこたです🧸

    皆さんこの灼熱地獄をいかがお過ごしでしょうか。マジで肉まんとかが入ってる蒸し器に入れられてるんか?というほど暑いよね。アイス二個食い余裕です。

    こうも暑くては全然文章が読めなくて、しかし当店は本を売っているのでどうにかこうにか涼しくなる本を紹介したい気持ちに満ちているよ~。

    というわけで読んで涼しくなった本!(頑張れわたしっ✊)

    ・余白の愛・薬指の標本-小川洋子

    そもそも小川洋子の描く静謐さって結構涼しさがあると思う。二作上げましたが、どちらも似たジャンルです。

    余白の愛は原因が定かではない難聴に罹った主人公の経験談をまとめるために速記をしに来た青年との終わりのある淡い恋のお話で、薬指の標本は思い出のものをなんでも標本にする標本技術師のもとで働く主人公の恋のお話。

    「なんだ~ラブか~、ラブのやつはいいや」と思っている方もそこそこいるような気がしますが幻想文学って感じです。悲恋であっても幸せを感じても夢の中のような蒙昧な空気がある気がします。あと性描写がま~じで気にならないレベルでしか書かれていないのでそれ系オエ…となってしまう方でも読めます。

    ・失はれる物語-乙一

    これ、めちゃくちゃ個人的に好きなお話でできれば単行本で読んでほしい。バチクソ製本が素敵。

    それはさておき内容ですが、主人公が急に植物人間になってしまうのだけど、手のひらの感触はあり指の一本は動かせることに気づく。周りの人たちもそれに気が付いて手のひらに会話を書いてそれに対して指の上下運動でイエスノーみたいな会話をしてくれるようになるんだけど、主人公はふと「この指を動かすことをやめたら僕はもう死んだと思われるんだろうか」と考える。暗いお話なんだけど情緒の描写が良くて、それプラスずっっと病院なので涼やかな印象がある。

    ・向日葵の咲かない夏-道尾秀介

    暑くてむしむしむしむししている外の描写からグーーーンと冷ややかな着地点に持っていかれるので温度差でオエ…となる、というような気味の悪いお話です。得体のしれない話が好きな方は是非!!!!

    よし、いい感じに終わりました。

    みなさん喫茶店とかでこういうの読むと良いです。わたしは暑いのでさっさと帰ってアイス食べます。それでは、みなさんよい読書ライフを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です