投稿一覧

  • 「お客さん」「店員さん」

    はじめてブログを書きます。

    みんなハンドルネームを決めてブログを書いているのですが、わたしは名前を考えるのがとても苦手です…

    はじめてポケモン(赤)をした日から、いつもゲームやSNSを始める時に名前の入力に悩みます。ということで、名前は次回までに決めておきます。

     

     

    今日は「お客さん」と「店員さん」として人と関わる時のお話をしたいと思います。

    みなさんは、店員さんとお話しすることはありますか?

    接客をするお仕事をされている方は、お客さんとお話しすることはありますか?

     

    わたしはこのお店では「店員さん」であり、店を出ればいろんな場所で「お客さん」で、その両方の立場を日々楽しんでいます。

    わたしは「店員さん」と「お客さん」という関係性が結構好きです。

    この関係って、対人間ですが特に相手に人間を感じないまま、というか何も感じないままその時間が終わるので楽ですよね。あとは、「推し」というような存在であれば、相手の人間性がよくわからないままの方が楽しめたりしますよね。(え?なんですか?)

    反対に、そういう関係性だからこそ、決まった言葉以外の言葉を一言でも交わした時、急にとても人間味を感じる。そのかんじが好きなんですよね。店員さんの時も、お客さんの時も。

    何か渡し忘れちゃったとか、忘れ物しちゃったとか、そういう時に感じる人間らしさに少しにっこりしちゃったり。

    そんな日を機に、会釈や軽い挨拶を交わすようになるのもいいですし、

    よく行くコンビニで働く無表情で機械のような店員さんの人間らしさをはじめて見た次の日、いつも通り無表情で機械のように接客されたのも良かったですね。

    お店で働いていると、お会計の時に見覚えのないお客さんが「今日は天気がいいから、北大にお散歩に来たの」と話しかけてくれ、一言二言天気の話をして去られていったりします。

    知人とであれば意識することなく流れていくような他愛ない話題や少ない言葉のやりとりでも、この関係での会話は「会話をしたな~」としみじみ感じます。そして、少し心が温まります。

    先日、あまり行かないコンビニで某アニメのカードをレジで注文した時、対応してくれた女の子が「〇〇のところまで私も観ました!(ネタばれなし)」と言われて、なんだかうれしい気持ちで帰りました。

    隣のコンビニの店員さんとはちいかわファン仲間なんですが、たまにちいかわ情報を提供してもらったりします(店員さんの方がレベルが上なので)。お会計と挨拶と、たまにちいかわの話をする店員さん。

    あとは、お会計の時、少し笑顔で商品を受け取ってくれるお客さんや笑顔でお会計をしてくれる店員さんにも、その笑顔だけで少し元気をもらって、ありがとうってなりますね。

    そんなかんじで、店員のときはお客さんに、お客のときは店員さんに、日々少しの癒しと元気をもらって生活をしています。

    話すのが嫌なお客さんや店員さんももちろんいますから、むやみに話しかけたりはしませんし、そんなに多くはないですが、たまにだったり、少しだったり、言葉を交わす機会があるとなぜだか少し嬉しくなったり、元気をもらったりします。

    お会計やサービスの提供・受取をするだけという前提の関りは、何も話さなくていいし、話をしたっていい。

    お互いどういうスタンスでもいい自由が心地よく感じます。

    人によって、日によって、関わり方が異なるのが好きですし、面白いです。

    会話の適量や当たり障りのない話題が人によって異なるのが難しいところですけどね。

     

    書店にご来店した時、なんか一言、人間と言葉交わしたいな、と思う日であれば、「天気いいですね」とか「猫かわいいですね」とか気軽にお声かけてみてください。(このくらいの会話であればどのスタッフもできるはず)

    当店には圧倒的癒しの能力を持つ「猫」がいるので、猫をみつめる、もしくは猫に「ニャー」と声をかけていただいた方がいいかもしれませんが。

    これからもお客様のお好きなスタンスで当店をご利用ください。

    いつでもご来店をお待ちしております。

     

  • 12月になったことだし

    11月の仕入れについて話そうね。

    なぜかというと仕入れのことを知らないと思うからね。

    なんだか学生のお客様が少なかった割に、専門書が多かった印象です。

    なんでェ?(ハチワレ)

    あと、最近は時期的に赤本が売れ出しました。

    個人的に青本が好きです。駿台が出してるやつね。解説が良い。

    大型の買取は、フランス語、鉄道関連、中国史、船舶関連がありました。

    今なら潤沢に揃ってます。

    在庫検索もできるます。→(在庫検索)

    11月の買取のうち好きな本はコチラ。

    参照 :  人文地理学会 編集 (2013). 「人文地理学辞典」. 丸善出版, 761p
    参照 :  人文地理学会 編集 (2013). 「人文地理学辞典」. 丸善出版, pp330-331

    人文地理学に関することが網羅してあります。面白いです。

    北大教養の都市地理学入門って授業、これぞ大学って感じで好きでした。この授業好きなの、北大教養あるあるだと思うんですよね。

    最終レポートは、札幌の地下通路に関してのレポートを出しました。地下通路の地図書いてたりして、楽しかったな。ダイパのちかつうろ探検してる気分ですよね。たまに化石あるし。

    今、まだこの授業あるんでしょうかね。

    ちなみに、こちらの本はネットのみの販売となってます。

    それでは、12月も多種多様な本の買取を楽しみにお待ちしております。

    アーデルベンデルでした。

  • 時代小説のおすすめおせ~て

    書店で働いていると時折

    「おすすめの本教えて!」とお問い合わせいただくことがあるのですがこれが意外に難儀な問題でして。

    あ、うれしいんですよ、うれしいんですが本が膨大すぎるのでどれをおすすめしたもんかと思って困ってしまうのです。

    ので、大抵「最近読んだ本・著者」とか「興味のあること」なんかを聞いてそこからおすすめをこね繰り出すのですが、昨日あったのが「時代小説」のお問い合わせでした。

    オギャァ~~~~~ッ”!わかんねぇ~~~と思って売れている作家の棚をお客様と回ってあらすじが面白そうなものを数点おすすめしました。これぞ付け焼刃!ってかんじの接客です。よくないなあ。

    そこでサボ…いえ、仕事がひと段落したので改めて当店でお勧めできる作品を数冊選んでみました。

    ・宮部みゆき 「本所深川ふしぎ草紙」

     これはね、娘さんがいらっしゃるならご一緒に楽しめる本なのでそういった意味では一冊で二度おいしいですよ。

     時代小説ってある程度の素養を必要とすることがあるんですがそういうのがいらない非常に読みやすい作品です。ゲートウェイドラッグみたいな。

     その割に心理描写や風景描写が非常に丁寧で女性は特に読んでいて世界観にどっぷりはまれるのでは、と思いますよ。

    ・林真理子 「本朝金瓶梅」

     ちょいエロです。落語調でストーリーが進むのが面白くてすいすい読んでしまいますね、これは。

     ちょいエロとか言いつつ別にムホホホ…となるようなものではなく案外すっきりさっぱりしていますので性描写好きじゃない~っていう方もさほど抵抗なく読めると思います。

    ・幸田文「台所の音」

     これは時代小説ではないのですが、昭和の旧き良き時代に生きる女の機微をエッセイにしたようなお話です。

     昭和版・和製アンネの日記みたいなかんじでしょうか。架空の話なんだけれども「ああ、そういうこともあったな」と懐かしくなることうけあいです。

     ちなみに大学の授業でこの幸田文の「きもの」を紹介されて初めて幸田文をしったのですが、そちらも面白いので併せてチェックしてみてくださいね。

    結構おすすめを絞ってみたら女性作家ばっかりになってしまいました!!!!

    多分物語の描写が細かい方が好きなので結果的に女性作家を選んでしまうのだと思うのですが、男性作家でおすすめの時代作家があれば教えてください、、ほんと…。

    それでは、再びサボ…いや、小説のおすすめを選ぶなど…そういうことをしますのでひとまずこの辺で…

    にこたでした🧸

  • 私が挫折したけど読んでほしい本

    こんにちは、にこたです🧸

    本日、フィリップ・K・ディック著(浅倉久志訳)の「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」が入荷しました!!

    この本ね、とんでもなく売れ筋ですよ。

    というかそもそもSFといえばこの作品とさえいえる作品です。

    そしてこの旧装版です!!!この一年働いてきて新装版はよく見たんですが旧装版は初めて見ました。

    アンドロイドは電気羊の夢を見るか? | ウナム書房

    これ今流行のAIがイラストを自動生成するやつなんてなかった頃に描かれたものですよ。

    でもめっちゃAIのイラストみを感じませんか?妙に感心してしまいます。

    普段あんまりカバーイラストの作者まで見ないけど調べてみよう。あ、せっかくなので一緒に見ましょうよ。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%A5%BF%E4%BF%A1%E8%A1%8C

    中西信行さん、という方なんですね。カバー絵を専門に描く方っているんですね。初めて知りました。

    あ、夏への扉は知ってるな。映画化されたとかで、友人にお勧めされたんですが人気なのかどっっこにもなくて断念した作品です。いつか読みたい作品です。

    ところで今回入荷しなかった新装版(中西さんが描いてないほうのやつ)もかっくい~んですよ。

    なんかハヤカワSFの中でもフィリップ・K・ディックは妙に気合入ってましてですね、新装版は作品のほとんどが黒字に単色でバンドTみたいなデザインがなされていて統一感があるんです。

    なんならそのデザインのTシャツとかありますね。オフィシャルなのかわからないですが。

    つい最近友人にその新装版の中の一つの「ユービック」をちょろっと貸してもらって読んだんですがあれはSFが苦手な人でも読みやすいと思いました。ドラッグジャンキーな女の子が自死するんですが、その後の周りの人たちの心の動きを書いた作品です。

    ユービックはあんまりSF特有の「まず人間のサイズが豆粒で捕食者の脅威におびえています」とか「人間が管理されています」とかそういうぶっ飛んだ設定がないです。これが非常に読みやすい。

    あ、ちょっと待って????

    アンドロイドは電気羊の夢を見るか?の話じゃなかったですっけ。

    ええと、実は昔読んで挫折したんですよね…。

    SFって基本的に設定モリモリバリューセットなので設定の多さが脳内のキャパを超えてしまったんですよ。そういうの結構あると思う。

    で、その後いろんな本買って思ったんですが、第一章(または30~50ページ)を立ち読みして苦痛を感じなければ多分その本読めると思います。SFの「設定」が一通り出終わるまでそのくらいなので。

    なので、私は読破をあきらめました。

    「地球の長い午後」とかもハチャメチャに設定多くて「え?なに?なにがどれ?」と思って図を描きながら読んだんですが読破できませんでした。

    でもさぁ~~~~Amazonレビューとか見てるとめっっちゃめちゃおもしろそうなんだよねぇぇぇぇぇ~~~~!!!!!!

    誰かさぁぁぁぁ~~~~読んで感想聞かせてよ!!!!!!!!お願いします!!!!!!!!マジのやつ!!!!!!

    コホン、え~、取り急ぎ一縷の望みを託してショーウィンドウに陳列します。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 書籍のイタミってなんぞ?~カバー編~

    こんにちは、にこたです🧸

    実質ここのブログわたししかいないじゃん!!!と寂しくなりながらも更新しますよ!ハイハイハイハイ👏👏👏👏

    さて、昨日スタッフから「本のイタミってなんすか?俺全然気にしない方なのでわかんなくて」という質問があったのでめっちゃ気になるものを中心にまとめてみますよ。

    とはいえ色んな箇所を紹介していたら本ができる長さになるので本日は書籍のカバーに関するありがちなイタミをご紹介します。

    ①小傷

    この白っぽくシャカシャカなっている線が小傷です。わかりやすいように光に透かしてみたのですがこれはなかなか見事な小傷ですよ。

    元はこの本ももっとツルッとした本だったはずなんですがねぇ。

    本棚から取り出すときや何かと擦れるタイミングで小傷は発生します。個人で保存するとき本棚にしまっておけば安心!と思いがちですが残念ながらそうでもないみたいです。

    ②端のヨレ

    はい、ヨレです。端っこがパヤパヤしてるのわかりますかね。

    お手持ちの本で「新しい本なのになーんか 使いました! みたいな感じがする~」っていう方は小傷とこれが原因です。ちょっと見てみてください。

    あとこの本に関してはページの開き癖(折り癖)もありますね。ページの生え際みたいな部分から下半分がうにょんってなってるのわかりますかね。教科書とか1ページ1ページ時間をかけて読むデカめの本によくあるやつです。

    この方ちゃんと勉強したんだろうな…えらい…

    ③ヤケ

    この本の背から表紙にかけてちょっと色違うのわかりますか?

    背のほうは青っぽくて表紙はちょっと赤っぽいですよね。これはヤケによる退色です。

    大体赤っぽい色はヤケるとオレンジ色、黄色、無になります。青色っぽい色は緑色→水色→薄い黄色になります。

    さらにさらに白はヤケると黄色から茶色になります。これに関しては退色ではなく焦げるイメージですかね。

    これも本棚に入ったまま経年で退色したと思われます。保管には本棚微妙説浮上してきたぞ、オイ。

    こんな風にページ端がヤケることもあります。

    あ、小さいシミもありますね。これは古本にありがちなやつで調べても「絶対にこの原因です!」みたいなものがみつからないんですよねえ。ホコリが酸化したものとかダニの死骸とか言われてますが。謎です。

    知ってる人いたら教えてほしい。

    いっぺんに撮った画像を大体披露してしまったのでまた次回。

    あ、しかし本のイタミが気になって死にそうな方がいらっしゃるかもしれないので徹底的にイタミをなくしつつ本を保管するにはどうしたら良さそうなのかお伝えします。

    ・布ではなく紙製か透明なPPのブックカバーをかける。これで外傷は大体防げます。布製は角とか縁があんまり守れてないかんじがあります。

    ・読むときはむやみにページを広げない。まあまあ読みづらいけども。

    ・ひととおり読んだら、電気や光の当たらないところに保管する。LEDは不明だけども蛍光灯は思ったよりヤケます。

    以上です。この辺も他にこんなのあるよという方いたら教えてほしい。

    それでは、蛇足🐍👣になりましたがこんなところで!にこたでした🧸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です